ピンキーリングって何?

ピンキーリングは、小指につけるリングのこと。
英語で小指のことを「Little finger」や「Pinky」と言い、「小指にはめる指輪だからピンキー(小指)リング(指輪)」とっても分かりやすいですね(笑)
海外では幸運の象徴として親しまれているピンキーリングは、女性だけではなくカジノやポーカーなどのギャンブルが好きな男性がしている事が多いそうです。
日本でも最近はユニセックスなアクセサリーとしてつけている男性も多く見られます。

お洒落な女の子は指を長く綺麗に魅せる効果があるファランジリング+ピンキーリングの組み合わせが人気です。

オードリーも愛した、幸せのピンキーリング

古くから「願いをかなえる指」として知られている小指。
たいせつな人とたいせつな約束を交わすとき、「ゆびきりげんまん」をしますよね?
そう、小指には、とくべつな意味があるんです!
幸せは右手の小指から入ってきて、左手の小指から逃げていくと言われ、ピンキーリングを右につけると幸せを呼びこみ、左につけると、幸せを逃さないのだそうです。
プライベートでは時計も宝石もつけないことで有名だったオードリー・ヘップバーンが、唯一つけていたのが、左指のピンキーリング。
いまも世界中の人を魅了しつづける、永遠の妖精のような彼女は、自分を守ってくれるものの存在を感じとれる人だったのかもしれませんね。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr